デッキレシピ

《大いなる歪み、コジレック/Kozilek, the Great Distortion》

《大いなる歪み、コジレック》は固有色を一切持たない統率者です。
リソース確保、打ち消し、コンボの全てが可能なのは無色統率の中でも異例と言えるでしょう。

メインの勝ち筋はコジレックによる統率者ダメージになり、パワーが12もある為、2回の攻撃で倒せます。プレイヤーが少なければカウンターのしやすさが段違いですので、1人づつ倒していくのが定石になります。

マナコストの大きさもあり唱えるのは容易ではありませんが、戦場に出た際の脅威はとても大きいものになります。如何にして着地させていくかという点が重要になりますので、しっかりと着地出来る手札でキープを心掛けましょう。

大いなる歪み、コジレック

カード名 大いなる歪み、コジレック
マナコスト ⑧◇◇
タイプ 伝説のクリーチャー — エルドラージ
テキスト あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたの手札にあるカードの枚数が7枚未満である場合、その差に等しい枚数のカードを引く。
威迫
点数で見たマナ・コストがXであるカードを1枚捨てる:点数で見たマナ・コストがXである呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
P/T 12/12

デッキリスト

統率者(1)

《大いなる歪み、コジレック/Kozilek, the Great Distortion》

クリーチャー(9)

《歩行バリスタ/Walking Ballista》
《金属細工師/Metalworker》
《パラジウムのマイア/Palladium Myr》
《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》
《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
《晶洞ゴーレム/Geode Golem》
《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》
《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》

インスタント(2)

《歪める嘆き/Warping Wail》
《次元の歪曲/Spatial Contortion》

ソーサリー(1)

《全ては塵/All Is Dust》

プレインズウォーカー(2)

《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》
《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

アーティファクト(52)

《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》
《Jeweled Amulet》
《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》
《水蓮の花びら/Lotus Petal》
《宝石の睡蓮/Jeweled Lotus》
《オパールのモックス/Mox Opal》
《魔力の墓所/Mana Crypt》
《スカイクレイブの秘宝/Skyclave Relic》
《魔力の櫃/Mana Vault》
《多用途の鍵/Manifold Key》
《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
《探検の地図/Expedition Map》
《Candelabra of Tawnos》
《太陽の指輪/Sol Ring》
《通電式キー/Voltaic Key》
《思考の器/Thought Vessel》
《巻物棚/Scroll Rack》
《精神石/Mind Stone》
《友なる石/Fellwar Stone》
《砕けたパワーストーン/Fractured Powerstone》
《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
《冷鉄の心臓/Coldsteel Heart》
《虹色のレンズ/Prismatic Lens》
《厳かなモノリス/Grim Monolith》
《守護像/Guardian Idol》
《連合の秘宝/Coalition Relic》
《摩滅したパワーストーン/Worn Powerstone》
《名誉に磨り減った笏/Honor-Worn Shaku》
《彫り込み鋼/Sculpting Steel》
《異形化するワンド/Transmogrifying Wand》
《鼓舞する彫像/Inspiring Statuary》
《類似の金床/Semblance Anvil》
《三なる宝球/Trinisphere》
《血清の粉末/Serum Powder》
《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
《玄武岩のモノリス/Basalt Monolith》
《ウルザの保育器/Urza’s Incubator》
《からみつく鉄線/Tangle Wire》
《ツキノテブクロのエキス/Moonglove Extract》
《スランの発電機/Thran Dynamo》
《前兆の時計/Clock of Omens》
《シッセイの指輪/Sisay’s Ring》
《クラーク族の鉄工所/Krark-Clan Ironworks》
《神秘の炉/Mystic Forge》
《ウル=ゴーレムの目/Ur-Golem’s Eye》
《記憶の壺/Memory Jar》
《精神の眼/Mind’s Eye》
《金粉の水蓮/Gilded Lotus》
《見捨てられた碑/Forsaken Monument》
《夢石の面晶体/Dreamstone Hedron》
《王神の立像/God-Pharaoh’s Statue》
《彩色の宇宙儀/Chromatic Orrery》

土地(33)

《Mishra’s Workshop》
《古えの墳墓/Ancient Tomb》
《裏切り者の都/City of Traitors》
《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
《焦土/Scorched Ruins》
《さびれた寺院/Deserted Temple》
《家路/Homeward Path》
《演劇の舞台/Thespian’s Stage》
《雲上の座/Cloudpost》
《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
《市長の塔/Tower of the Magistrate》
《爆発域/Blast Zone》
《魂の洞窟/Cavern of Souls》
《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
《微光地/Glimmerpost》
《睡蓮の原野/Lotus Field》
《統率の灯台/Command Beacon》
《露天鉱床/Strip Mine》
《ヴェズーヴァ/Vesuva》
《ならず者の道/Rogue’s Passage》
《水晶鉱脈/Crystal Vein》
《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
《山賊の頭の間/Hall of the Bandit Lord》
《海の中心、御心/Mikokoro, Center of the Sea》
《ウギンの目/Eye of Ugin》
《嘆きの井戸、未練/Miren, the Moaning Well》
《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
《雲を守る山、雲帯岳/Untaidake, the Cloud Keeper》
《作戦室/War Room》
《眷者の居留地/Bonders' Enclave》
《永遠の聖域/Sanctum of Eternity》
《荒地/Wastes》x2

ハイシナジーカード

《ライオンの瞳のダイアモンド》

手札を全て捨てる事で起動出来る《Black Lotus》です。このデッキにおいては《大いなる歪み、コジレック》によるキャスト時のドローがありますので《Black Lotus》以上の活躍をすると言っても過言ではないでしょう。
タップされていても起動が出来る点もポイントです。

《宝石の睡蓮》

2枚目の《Black Lotus》です。《ライオンの瞳のダイアモンド》とセットで引くと1ターン目から統率者が出る可能性もあります。《ライオンの瞳のダイアモンド》と同様、キープ基準となるカードです。

《Mishra’s Workshop》

アーティファクト用のマナが3マナ生めます。現在ではかなりの高額カードとなってしまいましたが、このデッキのポテンシャルを十二分に発揮するためには必須になっています。手番にもよりますが《三なる宝球》と一緒に引いた試合は大体勝てます。

《見捨てられた碑/Forsaken Monument》

比較的新しいカードですが、非常に強力なアーティファクトで、タップ能力により無色マナを生む場合に追加でもう1マナ生まれます。

無色版の《眷者の神童、キナン》と呼ばれる事がありますが、このカードは土地からでも追加のマナを生めるため《無のロッド》や《溜め込み屋のアウフ》が出ていても、マナ加速が出来る点が強みです。

また、自身が伝説のパーマネントでもある為《名誉に磨り減った笏》との相性は抜群です。

コンボルート

《玄武岩のモノリス》+《見捨てられた碑》+《歩行バリスタ》

《見捨てられた碑》が場に出ている状態で《玄武岩のモノリス》のタップアンタップを繰り返して無限マナ

1 《見捨てられた碑》の存在下で《玄武岩のモノリス》をタップし、3マナ+1マナ生成
2 《玄武岩のモノリス》を3マナでアンタップ
3 1-2の手順を繰り返して無限マナ
4 歩行バリスタで無限ダメージ

《師範の占い独楽》+《神秘の炉》+《類似の金床》

《類似の金床》で《師範の占い独楽》のコストを軽減し、無限キャスト無限ドロー

1 《神秘の炉》+《類似の金床》存在下で《師範の占い独楽》をキャスト
2 《師範の占い独楽》を起動し1ドロー
3 1-2を繰り返して無限ドロー。神秘の炉の効果でデッキトップからキャスト出来る+類似の金床でコストは軽減

無限ドローの後は、《玄武岩のモノリス》+《見捨てられた碑》+《歩行バリスタ》で勝利します。

・《歩行バリスタ》が墓地に落ちている場合
《ライオンの瞳のダイアモンド》で《真実の解体者、コジレック》含めディスカードで墓地山札を回復します。繰り返す事で《ライオンの瞳のダイアモンド》から出るマナで無限マナを達成します(以下LEDループ

・《歩行バリスタ》が追放されている場合
《ライオンの瞳のダイアモンド》で《真実の解体者、コジレック》含めディスカードで墓地山札を回復します。LEDループ中に《ツキノテブクロのエキス》でダメージを稼ぎ無限ダメージ

補足:《類似の金床》は《人知を超えるもの、ウギン》でも代用可能

総評

相手のカードをカウンターする気持ち良さは、何物にも代え難い快感を得ることが出来ます。
近年登場した船殻破り、波止場や寿司対策のもみ消しの流行で逆風を受けていますが、そんな事も全然気にならないパワフルさがあります。
エルドラージが好きな人にはオススメ出来る統率者です。

《大いなる歪み、コジレック》の記事は《るすとん氏》に監修頂きました。

るすとん氏の記事はこちらから

最終更新:2021/03/02

《LOTUS COMMANDER》はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

-デッキレシピ

© 2021 LOTUS COMMANDER Powered by AFFINGER5