構築済みデッキ

《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》

《虎の影、百合子》は《上忍術》という能力を持っていて、統率者領域から唱える必要がなく場に出る事が出来るため、青黒の2コストで何度でも戦場に戻ることが出来ます。

また、もう一つの能力でハンドアドバンテージを稼ぎつつ、対戦相手全員にダメージを与える能力を持っています。無限コンボに頼りがちな統率者戦で、ライフの大切さを知らしめる強力な能力です..!

序盤の流れとして《上忍術》コストの軽さを生かして早めに展開するのが望ましいため、初手のキープが重要です。1ターン目にクリーチャーをキャスト出来る事、2ターン目に《上忍術》が出来る事を重視したマリガンがお勧めです。

中盤以降はハンドアドバンテージを生かして《虎の影、百合子》の誘発回数を稼ぎ、早期決着を目指しましょう..!

虎の影、百合子

カード名 虎の影、百合子
マナコスト ①青黒
タイプ 伝説のクリーチャー — 人間・忍者
テキスト

上忍術(青)(黒)((青)(黒),あなたがコントロールしていてブロックされていない攻撃クリーチャー1体を手札に戻す:あなたの手札か統率領域からこのカードをタップ状態で攻撃している状態で戦場に出す。)

あなたがコントロールしている忍者1体がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開してあなたの手札に加える。各対戦相手はそれぞれ、そのカードの点数で見たマナ・コストに等しい点数のライフを失う。

P/T 1/3

デッキリスト

統率者(1)

《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》

クリーチャー(27)

《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
《シディシの信者/Sidisi's Faithful》
《セイレーンの嵐鎮め/Siren Stormtamer》
《陰謀団の療法士/Cabal Therapist》
《エピティアの賢者/Sage of Epityr》
《工匠の助手/Artificer's Assistant》
《第四橋をうろつく者/Fourth Bridge Prowler》
《変わり身ののけ者/Changeling Outcast》
《幽体の船乗り/Spectral Sailor》
《翼作り/Wingcrafter》
《鱗粉の変わり身/Mothdust Changeling》
《ジンジャーブルート/Gingerbrute》
《フェアリーの予見者/Faerie Seer》
《自在自動機械/Universal Automaton》 
《シルヴァー・レイヴン/Silver Raven》
《占いフクロウ/Augury Owl》
《逃亡者、梅澤哲子/Tetsuko Umezawa, Fugitive》
《骨奪い/Skullsnatcher》
《イリシッドの学者、グラジラックス/Grazilaxx, Illithid Scholar》
《霧刃の忍び/Mistblade Shinobi》
《霧組のナーガ/Mist-Syndicate Naga》
《血空の主君、ヴェラゴス/Varragoth, Bloodsky Sire》
《巧妙な潜入者/Ingenious Infiltrator》
《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》
《灯の分身/Spark Double》
《星界の神、アールンド/Alrund, God of the Cosmos》
《風呼びのエイヴン/Windcaller Aven》

インスタント(20)

《神秘の教示者/Mystical Tutor》
《渦まく知識/Brainstorm》
《秘儀の否定/Arcane Denial》
《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》
《リム=ドゥールの櫃/Lim-Dul's Vault》
《対抗呪文/Counterspell》
《否認/Negate》
《任務説明/Mission Briefing》
《陥穽/Ensnare》
《嘘か真か/Fact or Fiction》
《撃退/Foil》
《名声の代価/Price of Fame》
《殺し/Snuff Out》
《誤った指図/Misdirection》
《残忍な切断/Murderous Cut》
《水没/Submerge》
《遠隔+不在/Far+Away》
《徙家+忘妻/Consign+Oblivion》
《時を越えた探索/Dig Through Time》
《暗記+記憶/Commit+Memory》

ソーサリー(10)

《先触れ/Portent》
《夢での貯え/Dream Cache》
《時間のねじれ/Time Warp》
《水の帳の分離/Part the Waterveil》
《カーンの経時隔離/Karn's Temporal Sundering》
《永劫での歩み/Walk the Aeons》
《発見+発散/Discovery+Dispersal》
《明日の標/Beacon of Tomorrows》
《宝船の巡航/Treasure Cruise》
《時間への侵入/Temporal Trespass》

エンチャント(2)

《秘儀での順応/Arcane Adaptation》
《偵察任務/Reconnaissance Mission》

アーティファクト(9)

《太陽の指輪/Sol Ring》
《石なる知識/Brainstone》
《精神石/Mind Stone》
《巻物棚/Scroll Rack》
《ディミーアの印鑑/Dimir Signet》
《街の鍵/Key to the City》
《虹色のレンズ/Prismatic Lens》
《秘儀の印鑑/Arcane Signet》
《仮面林の結節点/Maskwood Nexus》

土地(31)

《地底の大河/Underground River》
《ダークウォーターの地下墓地/Darkwater Catacombs》
《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
《窪み渓谷/Sunken Hollow》
《清水の小道/Clearwater Pathway》
《詰まった河口/Choked Estuary》
《汚れた島/Tainted Isle》
《涙の川/River of Tears》
《統率の塔/Command Tower》
《風変わりな果樹園/Exotic Orchard》
《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》
《島/Island》×12
《沼/Swamp》×8

コンボルート

《神秘の教示者》+《時間への侵入》

デッキの高コストカードを積み込んで百合子の誘発の威力を上げます。特に《時間への侵入》は11点のダメージを稼ぎつつ、探査で3マナで追加ターンに入れるため相性がいいです。

《虎の影、百合子》+《血空の主君、ヴェラゴス》

前提条件:
血空の主君、ヴェラゴスと虎の影、百合子が攻撃可能で10マナ出せる場合

1 血空の主君、ヴェラゴスと虎の影、百合子で攻撃。虎の影、百合子の誘発にスタックして血空の主君、ヴェラゴスを起動し、デッキトップに明日の標を置く
2 虎の影、百合子の誘発解決で全体8点
3 戦闘後メインフェイズに、明日の標キャストで追加ターン

1-3の手順を繰り返して無限ターン。小技として、マナが少し足りない場合はデッキ内のコストの軽い追加ターンを使ってターンを稼ぎ土地を置いて10マナを目指す事も出来ます。

《秘儀での順応》《仮面林の結節点》

種族変更で《虎の影、百合子》の誘発を増やせます。

《渦まく知識》《夢での貯え》《石なる知識》《巻物棚》etc

手札の高コストカードを積み込んで虎の影、百合子》の誘発の威力を上げます。

ポイント

《虎の影、百合子》の誘発能力は、戦闘ダメージを与えた忍者の数分誘発する点を忘れがちなので注意しましょう。また、その他のポイントを何点か解説します。

《灯の分身》:伝説でないコピーになるため《虎の影、百合子》のコピーとなる事で誘発が2倍になります。

《各種分割カード》:誘発の際にマナコストの合計を参照します。

当リストで採用はされていませんが《エルドレインの王権》の物語というメカニズムのカードは分割カードとは仕様が違い、右上のコストのみを参照しますので、採用する際は注意です。

【構築済デッキ】販売はこちら

【日本語版:構築済】虎の影、百合子

最終更新:2021/08/20

《LOTUS COMMANDER》はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

-構築済みデッキ

© 2021 LOTUS COMMANDER Powered by AFFINGER5