構築済みデッキ

《オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion》

《オルゾフの御曹子、テイサ》は、白のクリーチャーを3体生け贄に捧げる事で対象のクリーチャーを追放する起動型能力と、自身のコントロールしている黒のクリーチャーが墓地に置かれる度に白のスピリットトークンを生成する常在型能力を持ったオルゾフの統率者です。

キーカードの《真に暗き時間》で全てのクリーチャーを黒にする事で、生成されるスピリットトークンも黒になりますので《狂気の祭壇》や《爆破基地》で生贄に捧げる事で、無限にトークンの生成がループします。

白と黒のパワーカードを中心に多くの無限コンボを搭載していますので、状況に合わせてコンボを狙っていきましょう!

オルゾフの御曹子、テイサ

カード名 オルゾフの御曹子、テイサ
マナコスト ①白黒
タイプ 伝説のクリーチャー — 人間・アドバイザー
テキスト

白のクリーチャーを3体生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。
あなたがコントロールする他の黒のクリーチャーが死亡するたび、飛行を持つ白の1/1のスピリット・クリーチャー・トークンを1体生成する。

P/T 2/3

デッキリスト

統率者(1)

《オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion》

クリーチャー(27)

《臓物の予見者/Viscera Seer》
《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》
《残酷な祝賀者/Cruel Celebrant》
《オレスコスの探険者/Oreskos Explorer》
《ドラニスの判事/Drannith Magistrate》
《忘れられた神々の僧侶/Priest of Forgotten Gods》
《徴税人/Tithe Taker》
《冥界の裏切り者/Nether Traitor》
《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》
《極楽の羽ばたき飛行機械/Ornithopter of Paradise》
《ミリキン人形/Millikin》
《悲哀の徘徊者/Woe Strider》
《弱者の師/Mentor of the Meek》
《ヘリオッドの巡礼者/Heliod's Pilgrim》
《ウラモグの手先/Pawn of Ulamog》
《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》
《エメリアのアルコン/Archon of Emeria》
《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》
《頭蓋ふるい/Sifter of Skulls》
《目覚ましヒバリ/Reveillark》
《霊体の先達/Karmic Guide》
《アンデッドの大臣、シディシ/Sidisi, Undead Vizier》
《破滅を囁くもの/Doom Whisperer》
《太陽のタイタン/Sun Titan》
《ルーン傷の悪魔/Rune-Scarred Demon》
《血の取引者、ヴィリス/Vilis, Broker of Blood》
《穢れた血、ラザケシュ/Razaketh, the Foulblooded》

インスタント(10)

《暗黒の儀式/Dark Ritual》
《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
《流刑への道/Path to Exile》
《沈黙/Silence》
《Sacrifice》
《霊廟の秘密/Mausoleum Secrets》
《ヘリオッドの介入/Heliod's Intervention》
《過大な贈り物/Generous Gift》
《闇の取り引き/Dark Bargain》
《名声の代価/Price of Fame》

ソーサリー(13)

《再活性/Reanimate》
《血の署名/Sign in Blood》
《武器庫の開放/Open the Armory》
《牧歌的な教示者/Idyllic Tutor》
《生き埋め/Buried Alive》
《犠牲/Victimize》
《葬儀/Funeral Rites》
《苦々しい天啓/Bitter Revelation》
《戦慄の復活/Dread Return》
《生ける屍/Living Death》
《具現の技/Incarnation Technique》
《最後の別れ/Final Parting》
《崇高な吐露/Sublime Exhalation》

エンチャント(3)

《真に暗き時間/Darkest Hour》
《動く死体/Animate Dead》
《Dance of the Dead》

アーティファクト(14)

《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》
《頭蓋骨絞め/Skullclamp》
《太陽の指輪/Sol Ring》
《液鋼の首飾り/Liquimetal Torque》
《狂気の祭壇/Altar of Dementia》
《聖列のタリスマン/Talisman of Hierarchy》
《オルゾフの印鑑/Orzhov Signet》
《秘儀の印鑑/Arcane Signet》
《星のコンパス/Star Compass》
《精神石/Mind Stone》
《虹色のレンズ/Prismatic Lens》
《願い爪のタリスマン/Wishclaw Talisman》
《爆破基地/Blasting Station》
《摩滅したパワーストーン/Worn Powerstone》

土地(32)

《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
《勝者の大霊堂/Vault of Champions》
《悪臭の荒野/Fetid Heath》
《孤立した礼拝堂/Isolated Chapel》
《陽光昇りの小道/Brightclimb Pathway》
《汚れた原野/Tainted Field》
《統率の塔/Command Tower》
《風変わりな果樹園/Exotic Orchard》
《作戦室/War Room》
《平地/Plains》×10
《沼/Swamp》×13

コンボルート

《オルゾフの御曹子、テイサ》+《真に暗き時間》+《爆破基地》+クリーチャー1体

真に暗き時間で全てのクリーチャーを黒にした上で、爆破基地でクリーチャーを生贄に捧げる事で、テイサのトークン生成が無限に誘発するため無限に生贄に捧げて無限ダメージ

1 《オルゾフの御曹子、テイサ》+《真に暗き時間》が戦場に出ている状態で《爆破基地》でクリーチャーを生贄に捧げる
2 《オルゾフの御曹子、テイサ》の誘発型能力でスピリットトークンを生成されて《爆破基地》がアンタップ
3 1-2の手順を繰り返して無限ダメージ

《爆破基地》が《狂気の祭壇》に変わると無限切削出来ます(対戦相手のライブラリーを全て墓地に落としてライブラリーアウト

《目覚ましヒバリ》+《霊体の先達》+《爆破基地》

目覚ましヒバリと霊体の先達を交互に生贄に捧げる事でループが成立して無限ダメージ

1 《目覚ましヒバリ》+《霊体の先達》+《爆破基地》が戦場に出ている状態で、《爆破基地》で《霊体の先達》を生贄に捧げる
2 《目覚ましヒバリ》を生贄に捧げて、戦場を離れた誘発で《霊体の先達》を戦場に戻し、《爆破基地》がアンタップ
3 1-2の手順を繰り返して無限ダメージ

《目覚ましヒバリ》or《霊体の先達》のどちらかが墓地にいる状態でも始動可能です。その際は2から手順を始めます。《爆破基地》が《狂気の祭壇》に変わると無限切削出来ます(対戦相手のライブラリーを全て墓地に落としてライブラリーアウト

《レオニンの遺物囲い》+《動く死体》+《ズーラポートの殺し屋》

レオニンの遺物囲いを生贄に捧げ続けて無限ダメージ

1 《ズーラポートの殺し屋》が戦場に出ている状態で《動く死体》を戦場に出し、墓地の《レオニンの遺物囲い》を戦場に戻す
2 《レオニンの遺物囲い》のETBが誘発し《動く死体》を追放
3 《動く死体》が追放された事により《レオニンの遺物囲い》が生贄に捧げられる
4 《レオニンの遺物囲い》が戦場を離れた事で、《動く死体》が戦場に戻る
5 1ー4を繰り返し、以下ループ
6 《ズーラポートの殺し屋》の誘発が無限に発生し、無限ダメージ

《動く死体》は《Dance of the Dead》で代用可能です。

《ズーラポートの殺し屋》は《残酷な祝賀者》《爆破基地》で代用可能です。《爆破基地》の場合は手順3の《レオニンの遺物囲い》が生贄に捧げられるスタックで《爆破基地》を起動する事で無限に《レオニンの遺物囲い》を生贄に捧げる事が出来ます。

また《爆破基地》は《狂気の祭壇》に変わると無限切削出来ます(対戦相手のライブラリーを全て墓地に落としてライブラリーアウト

《穢れた血、ラザケシュ》+クリーチャー3体

ラザケシュ+クリーチャー3体+黒1マナを揃えて勝ちまで繋げます。

1 クリーチャー3体+黒1マナを浮かせた状態で《穢れた血、ラザケシュ》を戦場に出す
2 《穢れた血、ラザケシュ》の起動型能力でクリーチャーを生贄に捧げて《生き埋め》《生ける屍》《sacrifice》の3枚をサーチ
3 《sacrifice》で《穢れた血、ラザケシュ》をコストに8マナを生成し、《生き埋め》で《ウラモグの手先》+《太陽のタイタン》+《悪鬼の狩人》をサーチして墓地に落とす
4 《生ける屍》で墓地のクリーチャーを全て戦場に戻す(ラザケシュ+最初に生贄に捧げたクリーチャー+生き埋めで墓地に落としたクリーチャーetc
5 《太陽のタイタン》と《悪鬼の狩人》のETBが誘発し、《悪鬼の狩人》で《太陽のタイタン》を追放します。《太陽のタイタン》の能力の対象は何でもOKです
6 《穢れた血、ラザケシュ》で《悪鬼の狩人》を生贄に捧げて《狂気の祭壇》をサーチ。《悪鬼の狩人》が戦場を離れた事で、《太陽のタイタン》が戦場に戻り、《ウラモグの手先》からエルドラージトークンが戦場に出る
7 《穢れた血、ラザケシュ》でクリーチャーを生贄捧げて、《ウラモグの手先》からエルドラージトークンが戦場に出る(この手順はエルドラージトークンを生成するためだけなので、サーチ先は何でもOKです
8 エルドラージトークンを自身の効果で生贄に捧げて無色2マナを生成し《狂気の祭壇》を戦場に出す。《太陽のタイタン》《悪鬼の狩人》《狂気の祭壇》が戦場に揃った事で無限切削(対戦相手のライブラリーを全て墓地に落としてライブラリーアウト

先述の《太陽のタイタン》+《動く死体》+《爆破基地》の応用編です。少しルートが複雑ではありますが、《穢れた血、ラザケシュ》は非常に強力である反面、コントロールを奪われた際のデメリットが大きいので、場に出したターンに勝てるルートを確保しておく事が重要です。

最後のキーカードである《狂気の祭壇》が墓地にある場合は、手順5で《太陽のタイタン》が戦場に出た際に墓地から回収する事も出来ます。

《最後の別れ》+《血の取引者、ヴィリス》+《再活性》

血の取引者、ヴィリスを再活性で墓地から釣り上げると、再活性でライフを8点失って8ドロー出来ます。アドバンテージを大きく取れるので、手札の状況次第で積極的に狙っていきましょう。《最後の別れ》から2枚をサーチして動き出せることもポイントです。

ポイント

メインコンボの他にも、黒単や白黒のデッキ特有の墓地を活用したパーマネント主体のコンボを多く取り入れた構成になっています。最初は扱いが難しく感じる部分もあるかと思いますが、コンボの基礎がいっぱい詰まっていますので興味のある方はぜひ触ってみて下さい..!

コンボ解説の《穢れた血、ラザケシュ》ルートに関しては、現状のデッキの内容から繋がるルートを書き出したため若干複雑で《生ける屍》で対戦相手の墓地のカードが戦場に戻ってきた際の影響等の不確定要素もありますが、単純に他のコンボパーツの片割れをサーチしてコンボ始動等も出来ますので色々試してみて頂きたいです。

【構築済デッキ】販売はこちら

【日本語版:構築済】《オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion》

最終更新:2021/07/20

《LOTUS COMMANDER》はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

-構築済みデッキ

© 2021 LOTUS COMMANDER Powered by AFFINGER5