構築済みデッキ

《深海の破滅、ジャイルーダ/Gyruda, Doom of Depths》

《深海の破滅、ジャイルーダ》は、戦場に出た時に各プレイヤーのデッキの上から4枚を切削し、その中から偶数のマナコストを持つクリーチャー1体を戦場に出す能力を持つ、ディミーアカラーの統率者です。

デッキの中に複数枚入っている《クローン》系のクリーチャーで《深海の破滅、ジャイルーダ》をコピーする事で、レジェンドルールにより戦場に残ることは出来ないものの《深海の破滅、ジャイルーダ》の誘発をもう一度行う事が出来るため、より強力な当たりを狙う事が出来ます。

自分のデッキや相手のデッキから強力な偶数マナのクリーチャーを展開し、盤面を制圧しましょう!

《深海の破滅、ジャイルーダ/Gyruda, Doom of Depths》

カード名 深海の破滅、ジャイルーダ
マナコスト ④(青/黒)(青/黒)
タイプ 伝説のクリーチャー — デーモン・クラーケン
テキスト

相棒 ― あなたの開始時のデッキに、マナ総量が偶数のカードのみが入っていること。(このカードがあなたの選んだ相棒であるなら、ソーサリーとして(3)を支払うことでゲームの外部からそれをあなたの手札に加えてもよい。)
深海の破滅、ジャイルーダが戦場に出たとき、各プレイヤーはそれぞれカードを4枚切削する。その切削されたカードの中から、マナ総量が偶数のクリーチャー・カード1枚をあなたのコントロール下で戦場に出す。

P/T 6/6

デッキリスト

統率者(1)

《深海の破滅、ジャイルーダ/Gyruda, Doom of Depths》

クリーチャー(29)

《千の顔の逆嶋/Sakashima of a Thousand Faces》
《邪悪な双子/Evil Twin》
《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》
《灯の分身/Spark Double》
《賢いなりすまし/Clever Impersonator》
《巨体原形質/Gigantoplasm》
《替え玉/Stunt Double》
《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces》
《なりすましの壁/Wall of Stolen Identity》
《深海住まいのタッサ/Thassa, Deep-Dwelling》
《悪夢の番人/Nightmare Shepherd》
《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》
《人質取り/Hostage Taker》
《クローン/Clone》
《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》
《貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra》
《アンフィンの反逆者/Amphin Mutineer》
《狙い澄ましの航海士/Deadeye Navigator》
《淀みの種父/Sire of Stagnation》
《目覚めし深海、レクシャル/Wrexial, the Risen Deep》
《解き放たれし者、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis, Unshackled》
《虐殺のワーム/Massacre Wurm》
《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk》
《陰謀の悪魔/Demon of Dark Schemes》
《副陽のスフィンクス/Sphinx of the Second Sun》
《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》
《残虐の執政官/Archon of Cruelty》
《血の取引者、ヴィリス/Vilis, Broker of Blood》
《大いなる歪み、コジレック/Kozilek, the Great Distortion》

インスタント(15)

《渦まく知識/Brainstorm》
《暗黒の儀式/Dark Ritual》
《塵へのしがみつき》
《猿術/Pongify》
《本質の変転/Essence Flux》
《リム=ドゥールの櫃/Lim-Dul’s Vault》
《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》
《対抗呪文/Counterspell》
《否認/Negate》
《秘儀の否定/Arcane Denial》
《名声の代価/Price of Fame》
《薬術師の眼識/Chemister's Insight》
《刺のある研究/Stinging Study》
《残忍な切断/Murderous Cut》
《時を越えた探索/Dig Through Time》

ソーサリー(5)

《大群への給餌/Feed the Swarm》
《夢での貯え/Dream Cache》
《犠牲/Victimize》
《戦慄の復活/Dread Return》
《具現の技/Incarnation Technique》

エンチャント(2)

《動く死体/Animate Dead》
《心なき召喚/Heartless Summoning》

アーティファクト(16)

《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》
《太陽の指輪/Sol Ring》
《多用途の鍵/Manifold Key》
《通電式キー/Voltaic Key》
《精神石/Mind Stone》
《秘儀の印鑑/Arcane Signet》
《ディミーアの印鑑/Dimir Signet》
《威圧のタリスマン/Talisman of Dominance》
《虹色のレンズ/Prismatic Lens》
《連合の秘宝/Coalition Relic》
《摩滅したパワーストーン/Worn Powerstone》
《玄武岩のモノリス/Basalt Monolith》
《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
《スランの発電機/Thran Dynamo》
《パンハモニコン/Panharmonicon》 
《金粉の水蓮/Gilded Lotus》

土地(32)

《地底の大河/Underground River》
《ダークウォーターの地下墓地/Darkwater Catacombs》
《統率の塔/Command Tower》
《風変わりな果樹園/Exotic Orchard》
《セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum》
《陰謀団のピット/Cabal Pit》
《涙の川/River of Tears》
《汚れた島/Tainted Isle》
《作戦室/War Room》
《島/Island》x 12
《沼/Swamp》x 11

コンボルート

《深海の破滅、ジャイルーダ》+《灯の分身》

コンボ解説:深海の破滅、ジャイルーダをコピーして誘発を繰り返す基本コンボ

1 《深海の破滅、ジャイルーダ》が戦場にいる状態で、《灯の分身》を《深海の破滅、ジャイルーダ》として戦場に出す。《灯の分身》は、伝説でない《深海の破滅、ジャイルーダ》となる。以下《深海の破滅、ジャイルーダ:コピー》
2 《深海の破滅、ジャイルーダ:コピー》のETBが誘発。《クローン》系クリーチャーが捲れた場合、《深海の破滅、ジャイルーダ》として戦場に出す
3 《クローン》系クリーチャーが捲れる限り2を繰り返す

《灯の分身》は《千の顔の逆嶋》で代用可能

2の手順の際に、伝説でない《深海の破滅、ジャイルーダ:コピー》をコピーしていく事で、ジェンドルールが適用されないため戦場に出た《深海の破滅、ジャイルーダ》は全て場に残る事が出来ます。
多くの《クローン》系のカードはレジェンドルールを無視出来ないため、コピーとして戦場に出てETBを誘発させた後は墓地に置かれます。

レジェンドルール:プレイヤーが同じ名前の伝説のパーマネントを2つ以上コントロールしている場合、そのプレイヤーはその中から1つを選び、残りはそのオーナーの墓地に置かれる。

《深海の破滅、ジャイルーダ》+《悪夢の番人》+《クローン》系クリーチャー

コンボ解説:1枚の《クローン》系クリーチャーで《深海の破滅、ジャイルーダ》のETBを2倍誘発

1 《深海の破滅、ジャイルーダ》と《悪夢の番人》が戦場にいる状態で《クローン》系クリーチャーを《深海の破滅、ジャイルーダ:コピー》として戦場に出す
2 《深海の破滅、ジャイルーダ:コピー》のETBが誘発した上で、《深海の破滅、ジャイルーダ:コピー》は、レジェンドルールで死亡しますが、《悪夢の番人》の誘発で《深海の破滅、ジャイルーダ:コピー》を追放し、新たなコピーを生成
こちらも同様で、ETBを誘発した上で、レジェンドルールで死亡。《深海の破滅、ジャイルーダ》の能力が計2回誘発します

《灯の分身》&《千の顔の逆嶋》はレジェンドルールが適応されないため、墓地に落ちず《悪夢の番人》コンボは成立しません。
逆にこちらの2枚は戦場に残れるというメリットがあるので、そちらを活かしたプランで戦いましょう。

《潮吹きの暴君》+《太陽の指輪》+《永遠溢れの杯》
1 《潮吹きの暴君》が戦場にいる状態で《太陽の指輪》をキャスト
2 《太陽の指輪》から2マナ生成
3 《永遠溢れの杯》をキッカー0でキャスト。《潮吹きの暴君》が誘発し《太陽の指輪》を手札に戻す
4 1-3の手順を繰り返して無色無限マナ。その後《秘儀の印鑑》等、有色マナの生成出来るマナアーティファクトと《永遠溢れの杯》で同様の手順を繰り返して有色無限マナに変換
5 《永遠溢れの杯》と《深海の破滅、ジャイルーダ》で同様の手順を繰り返してデッキを無限切削し、全員をライブラリーアウト

ターンを終了し、対戦相手全員がターンを迎えていきますが、ドローステップのドローが出来ないため順番に脱落していきます。
対戦相手のデッキに《無限に廻るもの、ウラモグ》等、ライブラリーアウト対策が入っている場合は、墓地に落ちた際の誘発にスタックして《塵へのしがみつき》をキャストし、対策カードを追放する事でライブラリーアウトさせる事が出来ます。

《永遠溢れの杯》は《玄武岩のモノリス》で代用可能。また、3マナ以上出るマナアーティファクトがある状態で《通電式キー》《多用途の鍵》《永遠溢れの杯》から2枚でも代用可能。《潮吹きの暴君》を《クローン》でコピーした場合《永遠溢れの杯》+《玄武岩のモノリス》など浮きマナの発生しない組み合わせでも無限パーマネントバウンスが可能です。

《潮吹きの暴君》関連のギミックは文字で見ると難しいですが、実際にカードを並べて動かしてみると案外簡単でとても強力なので、ぜひ一度触ってみて頂きたいです。

ポイント

無理にコンボを狙わなくても《深海の破滅、ジャイルーダ》を中心に、制圧力のあるクリーチャーを展開していけばそれだけで十分に勝てるデッキです。

コンボを覚えれば勝ち筋を増やす事が出来るくらいに考えていいでしょう。

【構築済デッキ】販売はこちら

【日本語版:構築済】《深海の破滅、ジャイルーダ/Gyruda, Doom of Depths》

最終更新:2021/10/01

《LOTUS COMMANDER》はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

-構築済みデッキ

© 2021 LOTUS COMMANDER Powered by AFFINGER5