構築済みデッキ

《凶暴な見張り、ガーゴス/Gargos, Vicious Watcher》

《凶暴な見張り、ガーゴス》は、ハイドラ呪文を4コスト軽減する能力と、自分のクリーチャーが呪文の対象になった際に格闘を行う能力を持つ、緑単色の統率者です。

軽減能力と各種ドローソースにより大型のハイドラクリーチャーを連続展開し、最後は《雷足のベイロス》や《野生語りのガラク》の奥義などで勝利を目指します。

また、格闘を行う能力は相手の除去に対する牽制になるだけでなく自分の呪文でも誘発する事から、相手のコンボやシステムクリーチャーに干渉したりと、非常に盤面支配力の高い統率者です..!

《凶暴な見張り、ガーゴス/Gargos, Vicious Watcher》

カード名 凶暴な見張り、ガーゴス
マナコスト ③緑緑緑
タイプ 伝説のクリーチャー — ハイドラ
テキスト

警戒
あなたがハイドラ(Hydra)呪文を唱えるためのコストは(4)少なくなる。
あなたがコントロールしているクリーチャー1体が呪文の対象になるたび、あなたがコントロールしていないクリーチャー最大1体を対象とする。凶暴な見張り、ガーゴスはそれと格闘を行う。

P/T 8/7

デッキリスト

統率者(1)

《凶暴な見張り、ガーゴス/Gargos, Vicious Watcher》

クリーチャー(34)

《野生林の災い魔/Wildwood Scourge》
《飢餓ハイドラ/Hungering Hydra》
《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
《フィンドホーンのエルフ/Fyndhorn Elves》
《東屋のエルフ/Arbor Elf》
《起源のハイドラ/Genesis Hydra》
《始源のハイドラ/Primordial Hydra》
《鋼喰みのハイドラ/Steelbane Hydra》
《大食のハイドラ/Voracious Hydra》
《仮面の蛮人/Masked Vandal》
《ティタニアの僧侶/Priest of Titania》
《培養ドルイド/Incubation Druid》
《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
《切り首嵐のハイドラ/Stumpsquall Hydra》
《領界渡り/Realmwalker》
《ワイアウッドの呼び手、ギランラ/Gilanra, Caller of Wirewood》
《ラノワールの幻想家/Llanowar Visionary》
《ラノワールの部族/Llanowar Tribe》  
《ウッド・エルフ/Wood Elves》
《再利用の賢者/Reclamation Sage》
《激情の共感者/Fierce Empath》
《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
《獣に囁く者/Beast Whisperer》 
《永久の証人/Timeless Witness》
《カル・シスマの恐怖、殺し爪/Goreclaw, Terror of Qal Sisma》 
《ガラクの群れ率い/Garruk's Packleader》
《ハイドラの繁殖主/Hydra Broodmaster》
《ネシアン未開地の荒廃者/Nessian Wilds Ravager》
《オラン=リーフのハイドラ/Oran-Rief Hydra》
《ウルヴェンワルドのハイドラ/Ulvenwald Hydra》
《収穫の魂/Soul of the Harvest》
《雷足のベイロス/Thunderfoot Baloth》
《名誉あるハイドラ/Honored Hydra》

インスタント(11)

《蛇皮のヴェール/Snakeskin Veil》
《自然の要求/Nature's Claim》
《強行突破/Ram Through》
《豊穣の碑文/Inscription of Abundance》
《英雄的介入/Heroic Intervention》
《激励/Invigorate》
《内にいる獣/Beast Within》
《召喚の調べ/Chord of Calling》
《呼応した呼集/Shared Summons》
《狩りの報奨/Bounty of the Hunt》
《野生語りの帰還/Return of the Wildspeaker》 

ソーサリー(5)

《不屈の自然/Rampant Growth》
《耕作/Cultivate》
《ニッサの巡礼/Nissa's Pilgrimage》
《原初の命令/Primal Command》
《リシュカーの巧技/Rishkar's Expertise》

エンチャント(8)

《繁茂/Wild Growth》
《ケンリスの変身/Kenrith's Transformation》
《ガラクの蜂起/Garruk's Uprising》
《精霊の絆/Elemental Bond》
《はびこり/Overgrowth》
《よりよい品物/Greater Good》
《守護者計画/Guardian Project》
《開拓地の包囲/Frontier Siege》

プレインズウォーカー(3)

《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter》
《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》

アーティファクト(6)

《太陽の指輪/Sol Ring》
《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
《終わりなき地図帳/Endless Atlas》
《ロナスの碑/Rhonas's Monument》
《造命師の動物記/Lifecrafter's Bestiary》
《生体融合外骨格/Grafted Exoskeleton》

土地(32)

《作戦室/War Room》
《眷者の居留地/Bonders' Enclave》
《ならず者の道/Rogue's Passage》
《タイライトの聖域/Tyrite Sanctum》
《森/Forest》×28

コンボルート

《凶暴な見張り、ガーゴス》+《生体融合外骨格》

統率者のパワーが8あるので《生体融合外骨格》により感染ダメージ10点を狙うことができます。トランプルを持っていませんが格闘能力によりブロッカーを除去してから攻撃する事も可能です。

《凶暴な見張り、ガーゴス》以外にも高パワーのクリーチャーを多く採用していますので、積極的に感染ダメージを狙えます。

《凶暴な見張り、ガーゴス》+《狩りの報奨》or《激励》

《狩りの報奨》、《激励》はマナコストを支払わずに唱える事が出来るため、いつでも《凶暴な見張り、ガーゴス》の格闘能力を誘発させる事が出来ます。

《狩りの報奨》は《凶暴な見張り、ガーゴス》と非常に相性のいいカードですが、オラクル変更の歴史があり詳しくは下記の「mtg wiki」を参照です。現在の最新テキストは下記の通りです。

《Bounty of the Hunt / 狩りの報奨》 (3)(緑)(緑)
インスタント
あなたは、この呪文のマナ・コストを支払うのではなく、あなたの手札にある緑のカード1枚を追放することを選んでもよい。
1体か2体か3体のクリーチャーを対象とし、それらの上に3個の+1/+1カウンターを割り振って置く。これによりあなたがクリーチャーの上に置いた各+1/+1カウンターについて、次のクリンナップ・ステップの開始時にそのクリーチャーから+1/+1カウンターを1個取り除く。

ポイント

ドローソースは強力ながら状況を限定するものが多いです。

一度盤面を崩されると立て直すのが難しくなりがちなのは緑の弱点なので、カードを使用する順番に気を付けると安定しやすくなるでしょう。

【構築済デッキ】販売はこちら

【日本語版:構築済】《凶暴な見張り、ガーゴス/Gargos, Vicious Watcher》

最終更新:2021/08/31

《LOTUS COMMANDER》はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

-構築済みデッキ

© 2021 LOTUS COMMANDER Powered by AFFINGER5