構築済みデッキ

《希望の天使アヴァシン/Avacyn, Angel of Hope》

《希望の天使アヴァシン》は自分のコントロールしているパーマネント全てに破壊不能を付与する白単ジェネラルです。

《希望の天使アヴァシン》を出せる状況になるまでは《ドラニスの判事》や《沈黙のオーラ》などで相手の動きを減速させつつ、適宜《神の怒り》を筆頭とした全体除去で場をリセットしながら、自分はアーティファクトでマナ加速していきます。相手がマナを立たせている時などはあえて自分から除去は撃たず、他の人の打ち消しを吐かせておくなどのプレイングも重要になるでしょう。

《希望の天使アヴァシン》を降臨させた後は装備品を駆使してジェネラルダメージを狙うか《ハルマゲドン》や《世界薙ぎの剣》で相手の心をへし折る、実に白らしい(?)ジェネラルとなっています。

希望の天使アヴァシン

カード名 希望の天使アヴァシン
マナコスト ⑤白白白
タイプ 伝説のクリーチャー — 天使
テキスト

飛行、警戒、破壊不能

あなたがコントロールする他のパーマネントは破壊不能を持つ。

P/T 8/8

デッキリスト

統率者(1)

《希望の天使アヴァシン/Avacyn, Angel of Hope》

クリーチャー(12)

《オレスコスの探険者/Oreskos Explorer》
《地図作りの鷹/Cartographer's Hawk》
《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
《エメリアのアルコン/Archon of Emeria》
《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》
《コーの地図作り/Kor Cartographer》
《調和の守り手/Keeper of the Accord》
《外交官、マンガラ/Mangara, the Diplomat》
《太陽のタイタン/Sun Titan》
《静穏の天使/Angel of Serenity》
《王国まといの巨人/Realm-Cloaked Giant》
《虚空の選別者/Void Winnower》

インスタント(5)

《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
《予期せぬ不在/Unexpectedly Absent》
《ヘリオッドの介入/Heliod's Intervention》
《過大な贈り物/Generous Gift》
《宿命的報復/Fated Retribution》

ソーサリー(14)

《武器庫の開放/Open the Armory》
《予言学入門/Introduction to Prophecy》
《ハルマゲドン/Armageddon》
《神の怒り/Wrath of God》
《審判の日/Day of Judgment》
《総くずれ/Rout》
《浄化の輝き/Cleansing Nova》
《燻蒸/Fumigate》
《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》
《質素な命令/Austere Command》
《次元の浄化/Planar Cleansing》
《啓示の刻/Hour of Revelation》
《カタストロフィ/Catastrophe》
《崇高な吐露/Sublime Exhalation》

エンチャント(4)

《耳の痛い静寂/Deafening Silence》
《浄化の印章/Seal of Cleansing》
《法の定め/Rule of Law》
《沈黙のオーラ/Aura of Silence》

アーティファクト(30)

《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》
《太陽の指輪/Sol Ring》
《旅人のガラクタ/Wayfarer's Bauble》
《通電式キー/Voltaic Key》
《多用途の鍵/Manifold Key》
《探検の地図/Expedition Map》
《乳白色のダイアモンド/Marble Diamond》
《精神石/Mind Stone》
《虹色のレンズ/Prismatic Lens》
《黄昏のピラミッド/Sunset Pyramid》
《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》
《再鍛の黒き剣/Blackblade Reforged》
《終わりなき地図帳/Endless Atlas》
《星のコンパス/Star Compass》
《予備物資/Spare Supplies》
《アイ・オヴ・ヴェクナ/Eye of Vecna》
《液鋼の首飾り/Liquimetal Torque》
《摩滅したパワーストーン/Worn Powerstone》
《統率者の宝球/Commander's Sphere》
《スカイクレイブの秘宝/Skyclave Relic》
《拡大鏡/Magnifying Glass》
《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》
《シッセイの指輪/Sisay's Ring》
《ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk》
《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
《スランの発電機/Thran Dynamo》
《生体融合外骨格/Grafted Exoskeleton》
《世界薙ぎの剣/Worldslayer》
《夢石の面晶体/Dreamstone Hedron》

土地(34)

《作戦室/War Room》
《オラーズカの拱門/Arch of Orazca》
《平地/Plains》×32

コンボルート

《希望の天使アヴァシン》+《世界薙ぎの剣》

世界薙ぎの剣を装備して戦闘ダメージを与えると全てのパーマネントが破壊されますが、アヴァシンの効果で自分のパーマネントのみ全て残ります。相手が再び土地を置いた端から再び世界薙ぎが振るわれるので通ればほぼ勝ちです..!

《希望の天使アヴァシン》+《生体融合外骨格》

装備することでパワーが10になり、一撃で感染ダメージ10点を狙う事が出来ます。《生体融合外骨格》のデメリットも《希望の天使アヴァシン》が存在下であればカバー出来る点もポイントです。

《感染》
・感染を持つ発生源からクリーチャーに与えられたダメージは、クリーチャーに残らない。それは、その点数に等しい-1/-1カウンターをそのクリーチャーの上に置く。
・感染を持つ発生源からプレイヤーに与えられたダメージはそのプレイヤーのライフを失わせない。代わりに、それはその点数に等しい数の毒カウンターをそのプレイヤーに与える。
・毒カウンターを10個得たプレイヤーは敗北する。

 

《希望の天使アヴァシン》+《神の怒り》《ハルマゲドン》

全体除去が多く採用されていますので《希望の天使アヴァシン》の破壊不能付与と非常に相性が良く《神の怒り》《ハルマゲドン》等と組み合わせて大きくアドバンテージを獲得出来ます。

コストが重めのジェネラルなので、対戦相手の土地の伸びを考慮して、《希望の天使アヴァシン》居なくても効果的な場面で使用しましょう。

ポイント

基本的に白はとてもドロー能力が低い色です。そのため、ドロー加速が出来るアーティファクト、土地を採用しているため中盤以降はなんとか手札を増やす動きが出来ますが、序盤はアドバンテージを失わないことを念頭に動いていきましょう。

全体除去で有利なトレードに持っていき、中盤に繋げていく事を意識してプレイすると《希望の天使アヴァシン》の着地も安定していく事でしょう..!

【構築済デッキ】販売はこちら

【日本語版:構築済】希望の天使アヴァシン

最終更新:2021/09/15

《LOTUS COMMANDER》はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.

 

-構築済みデッキ

© 2021 LOTUS COMMANDER Powered by AFFINGER5